野球☆スポーツ障害



 病気&家族の絆

野球☆スポーツ障害


 野球のスポーツ障害 

我が家の次男が、夢中になっていた野球のスポーツ障害について紹介します。


 〔野球肘〕


成長期の野球少年によく発生するスポーツ障害で、特にピッチャーの子に多いです。この時期関節のほとんどはまだ軟骨が多いために、過激な練習に耐え切れずに肘の内側や外側が痛んだり、肘が伸びないときは注意が必要です。繰り返し負担をかけ続けると、内側の靭帯に炎症を起こしたり、ひどい時には軟骨がずれてくることもあります。


  予 防          


  投球数を1日50球、週300球にとどめ、練習時間は1日2時間以内にする。

  不適切なフォームによる投球はせず、変化球は投げない。

  練習前に肩甲骨・股関節を中心にストレッチを行う。練習後のアイシングをしっかり行う。

  2キロの軽いダンベルを用いた上肢の筋力トレーニングを行う。


  処 置


  投球動作を中止する。
  投球動作を中止している間は、ランニングや筋
力増強訓練など全身の体力作りを行う。




 〔リトルリーグ肩〕


これもまたピッチャーに最も多くみられるスポーツ障害で、成長期の肩の障害です。肩前部や後部の痛みと関節の動きが悪いなどの症状があります。投球に伴う上腕のねじれが原因といわれます。


代表的なものとして上腕骨(肩から肘にある骨)の肩側の骨端線(成長軟骨)がずれたり、離れたりしてしまう「上腕骨近位骨端線離開」があります。骨折に準じた対応が必要になります。
成長障害になると、腕の長さが短くなったり、肩の動きが悪くなったりするので早期発見が大切です。


  予 防


  徐々に痛みがある時は注意する。

  肩甲骨・股関節を中心に運動前後のストレッチ、運動後のアイシングを行う。

  投げ過ぎない、連投させない。

  チーム内で投手は2名以上養成する。

  シーズンオフを作る。

  上半身・インナーマッスル(肩の関節の内側にある筋肉)の筋力トレーニングを行う。


 処 置                                 


  完全に良くなるまで投球は禁止する。


  完治後は今までのフォームだと再発の可能性が大きいので
    肩の負担が少ないフォームに変更したり、投げ方を改善して
    行う。



               
  

 〔肩関節(亜)脱臼〕


上腕骨と肩甲骨をつなぐ肩関節は、いろいろな動きをすることができますが、それと同時に肩関節の不安定性を持ち合わせています。投球動作など腕が肩より上方に上がり振りかぶった時に大きな力やストレスが肩にかかることで、完全に関節の接地面がずれた状態になります。この状態を脱臼といいます。


そして一部関節の接地面が残っている状態を亜脱臼といいます。亜脱臼の場合、見た目は通常と変わらない様に見えますが動かそうとすると痛みます。脱臼の場合は見た目にも異常に肩が落ちた状態がわかります。


  処 置


アイシングをしてバンテージなどで固定して、すぐに医師の診察を受けましょう。一度肩関節の脱臼を起こすと再発する可能性が大きく肩関節が不安定になります。保存治療には安静と肩関節周囲の筋力強化を行うようにしますが、重度の場合は手術治療となってしまいます。
   Menu  
   トップページ
   脊柱側湾症
   目の病気
   白内障
   結膜炎
   飛蚊症
   ドライアイ
     
   種 類
   原 因
   治療法
   診 察
 椎間板ヘルニア 
  椎間板ヘルニア
  原因・症状
   治療法
  スポーツ障害 
  スポーツ障害
   野 球
   サッカー
   予 防
   栄 養
  プロフィール
  リンク集







Copyright (C) 病気&家族の絆 All Rights Reserved