白内障



   病気&家族の絆

目の病気☆白内障


 白 内 障 

私は小学校1年生の時に、両親がテレビを見る
時、目をしかめたり、すごい前で見ている姿を見
ておかしいと思い病院へ連れて行き、検査をし
たところ「先天性白内障」と診断されました。




視力は両目とも0.01だったので、すぐ手術が
必要でした。当時医学も発達していなかったので、
何件か病院で診察してもらいましたが、手術の
成功率は50%くらいで、失明の可能性もあった
ようです。



結局、大手病院で手術を受け1ヶ月の入院で視力は0.1まで見えるようになりました。小学校低
学年のころは、部厚いメガネを掛けていたのでいじめにも遭いましたが、母の励ましで乗り切るこ
とができました。


2回目の手術は、左目が再び白く濁ってきたので中学1年生の時でした。この当時は既に医学も進
歩しており、日帰りで手術できました。3回目は中学3年生からずっとコンタクトをしていたので、平成
2年25歳の時、目の調子が悪くコンタクト挿入が困難になったため、右目だけ手術と同時に眼内レン
ズを挿入してもらいました。


この眼内レンズ挿入手術も何件もの眼科に断られました。年齢が若いのでいつ眼圧が変化するかわ
からないし、緑内障にもなりやすいとの理由でした。ほとんどあきらめていたところ、最後に一番初め
に手術をしてくれたお医者様が独立開業している眼科を受診して手術をしてもらうことができました。


左目は癒着しているので右目だけ眼内レンズを入れてもらいました。
なかなか視力がでなかったのですが、1週間くらいで0.5位まで見えるようになりました。運転する
時や仕事中には左目にコンタクトをしております。後はこのまま眼圧も安定していてくれればいいな
と願うだけです。


ただ残念なことに、お兄ちゃんが小学1年生
の時に学校の眼科検診で白内障ではないか
と診断され、眼科を受診したところショックな
ことに「先天性白内障」と診断されました。し
っかり遺伝してしまいました。まだ視力があ
りますが進行すると、いずれは手術となって
しまうので申し訳ない気持ちで一杯です。下
の子も男の子なので、もしかすると・・・と言
われ心配しましたが大丈夫でした。


原 因


白内障には年齢とともにおこる老人性白内障、生まれつき白く濁っている先天性白内障、糖尿病が原因でおこる糖尿病性白内障、ぶどう膜炎・ガラス体出血・緑内障などにともなう併発性白内障、ケガによる外傷性白内障などがあります。


 症 状


水晶体が白く濁り、視力がだんだん低下していきます。目がかすんだり、ちらちらしたり、ぼんや
りとしか見えなくなってきます。とてもまぶしがったりもします。


治 療


ある程度視力があり、不自由でない場合は目薬で白内障の進行の速度を遅くします。  


手 術


先天性白内障で完全に濁っている場合は、生後すぐ手術をします。弱視になるのを防ぐためです。
片目の場合は症状によってコンタクトレンズで、両目の場合はメガネをかけ様子をみる場合もあり
ます。最近の手術方法も進歩しており、子供以外はほとんど局所麻酔で、手術中も手術後もほと
んど痛みはありません。(当時は目の周りに打った麻酔注射が痛かった)


現在は超音波で水晶体を小さく分割し、吸引・除去する方法が一般的です。取り除いた後強い遠
視になるため、眼内レンズを挿入します。日帰りでも可能で安全です。(当時は2週間入院しまし
た)少しでもおかしいなと感じたら、早めに受診しましょう!
   Menu    
   トップページ
   脊柱側湾症
   目の病気
   白内障
   結膜炎
   飛蚊症
   ドライアイ
     
   種 類
   原 因
   治療法
   診 察
 椎間板ヘルニア  
  椎間板ヘルニア
  原因・症状
   治療法
  スポーツ障害 
  スポーツ障害
   野 球
   サッカー
   予 防
   栄 養
  プロフィール
  リンク集
Copyright (C) 病気&家族の絆 All Rights Reserved