痔の診察



   病気&家族の絆

痔の診察


 痔 の 診 察 



痔の診察方法をまとめてみました。
 問 診                                     


どんな症状なのか、排便の様子や生活習慣、どんな病気をしたことがあるかなどを最初に問診表に記入します。


 視診・触診                   


姿勢は横向きに寝て、下着を少しずらす程度です。
(シムス体位)診察を受けるまでタオルも掛けてくれま
す。思った程恥ずかしくありません。
まず肛門の周りを視診し、ゴム手袋をはき、指に麻酔
薬のゼリーを塗って肛門の中を触診します。


症状によっては大腸鏡検査や直腸肛門内圧検査とい
う機能検査をします。肛門鏡という器具で肛門を押しげ
て痔核の大きさ・位置などを観察することもあります。
がんやポリープなどが疑われる場合には直腸鏡という
器具を使って詳しく診察します。
 治療内容の説明


検査結果の内容、痔の種類や大きさの程度によって、今後の治療方針の説明を受けます。不明な事は質問し、どんな方法で痔の治療をしたいのかなど自分の生活環境にあった方法を納得いくまで相談しましょう。









          
   Menu  
   トップページ
   脊柱側湾症
   目の病気
   白内障
   結膜炎
   飛蚊症
   ドライアイ
     
   種 類
   原 因
   治療法
   診 察
 椎間板ヘルニア 
  椎間板ヘルニア
  原因・症状
   治療法
  スポーツ障害 
  スポーツ障害
   野 球
   サッカー
   予 防
   栄 養
  プロフィール
  リンク集
Copyright (C) 病気&家族の絆 All Rights Reserved