痔の種類



   病気&家族の絆

痔の種類


 痔 の 種 類 

痔の種類には大きく分けて三種類あります。今は日本人に3人に一人が痔で悩んでいる時代です。恥ずかしくて病院に行けないと悩んでいる人もたくさんいると思います。少しでも多くの人が早く病院に行ってもらえるとうれしいです。


私が初めて出血したのが、高校3年生の時テスト勉強をしていた夜、トイレに行ったところ、トイレットペーパーに大量の血がつきビックリしました。勉強どころではなくなり、何か大きな病気ではないかと青ざめた記憶があります。その後大量の出血もなく時々ちょっとだけ血がつく程度でした。


平成2年(25歳)に結婚し、友人が痔の手術(痔の種類は同じいぼ痔
でした)を体験したのをきっかけに私も受診しました。案の定、年数が
経過しているので手術でした。痔の種類は「いぼ痔」です。出産前に治
した方が良いという話も聞いたことがありましたし、主人と相談し3泊4
日の入院でしたので、会社のお盆休みを利用して第1回目の痔の手術
をしました。




第2回目の痔の手術は40歳の時です。やはり体質改善は難しく、便秘と下痢を繰り返す体質なので、同じ病院でゴールデンウィークを利用して4泊5日入院しました。年をとったせいで治りが遅いのか痔核の数は少ないのに1日多く入院しました。このままだともう1回手術することになってしまうような気がします。


手術そのものは15分〜20分くらいで辛い痛みはありませんでした。点滴と麻酔注射をおしりの上に2
本(人によって本数は違います)打ちました。10分位で麻酔が効いているか確認し手術です。その後
2時間位で麻酔がきれはじめるとだんだんおなかが痛くなるのですが、この痛みも人それぞれで薬で治まる人と注射しないと耐えられない人がいます。


その夜はふらふらするので歩けないのですが、麻酔が効いているため尿瓶ではなかなかおしっこが出
なくて苦しく、どうしても絶えられなかったので歩いてトイレに行き、やっと出せました。その次に苦しか
ったのが、手術後初めての排便です。痛くないように水分補給をまめにし、下剤をもらっていたので硬くはありませんが、踏ん張りたいけど踏ん張らないようにおそるおそるでしたが、自然と力んでしまい悲鳴をあげてしまいそうでした。(家のトイレだったら叫んでいます)


後はおしりに刺激を与えないように座ったり(専用座布団が会社用と自宅用と運転用と三枚あります)
すれば痛くないです。
2回も痔の手術をし2年が経ちますが、相変わらず便秘になると出すまで力んでしまいます。ちょっと出血したので受診し注射してもらいました。早めに受診すると、日帰り手術でよかったりするので勇気を出して病院へ行って見ましょう!!


[痔の種類]


 痔核(いぼ痔)


内痔核と外痔核があり、もっ
とも多いのは内痔核です。肛
門の奥に生じた静脈のかた
まりをいいます。力みや便秘
によりうっ血してふくれあがっ
たり、それを支える組織が弱
くなって肛門の外に飛び出し
てしまいます。


出典:肛門.jp http://www.koumon.jp



 症 状


レベル1・・・出血するようになるが痛みはない。


レベル2・・・出血に伴って排便した時、痔核が肛門から飛び出しますが自然と元に戻る。


レベル3・・・飛び出したまま指で押し込まないと元に戻らない。運動したり重い物を持ったり、おなかに
        力入れた時痔核が外に飛び出すようになる。


レベル4・・・痔核を指で押し込んでも元に戻らず出たままになる。肛門の周りがかぶれてかゆみを起こ
       したりする。ここまでくると手術が必要になります。


 裂肛(切れ痔)


便秘で硬くなった便が肛門の粘膜を傷つけ切れて起こります。男性より女性が多く出産の時に腹圧を
かけるのが原因です。


 症 状


排便時に痛みがあり、トイレットペーパーに血がつきます。その結果排便するのが怖くなり、つい 我慢してしまいさらに便秘になります。


 痔ろう(あな痔)


肛門の周囲にうみがたまり、それが破れて出た後にろう管といううみがでる穴ができる病気です。


 症 状


肛門腺が炎症を起こして化膿し、肛門の周りが腫れてズキズキ痛みます。まれに熱が出ることもあり
ます。手術するしか完治させる方法はなく、ほうっておくと「ガン化」することもあるので、早めに受診
しましょう!!



 
   Menu  
   トップページ
   脊柱側湾症
   目の病気
   白内障
   結膜炎
   飛蚊症
   ドライアイ
     
   種 類
   原 因
   治療法
   診 察
 椎間板ヘルニア 
  椎間板ヘルニア
  原因・症状
   治療法
  スポーツ障害 
  スポーツ障害
   野 球
   サッカー
   予 防
   栄 養
  プロフィール
  リンク集
Copyright (C) 病気&家族の絆 All Rights Reserved